誰もが綺麗な白い歯には憧れるし、綺麗な白い歯にはなりたいと思うもの!

しかし、いくら綺麗になるからといってもメリットばかりではなく、ホワイトニングにもデメリットは存在します。

この記事では、これからホワイトニングを始めようと考えている人にも知ってもらいたいホワイトニングのメリット、デメリットを紹介しています。

ぜひ、参考にしていただければと思います。

ホワイトニングのメリット

まずは暗〜い話しからではなく、ホワイトニングで得られるメリットから紹介したいと思います!

  • 実年齢より若くみられる
  • 歯が白いだけで清潔感のある人に見られる
  • 歯を清潔に保てるようになる

メリット1 実年齢より若くみられる

これはかなり嬉しいことではないでしょうか?

歯が白いと、男性でも女性でも自分に自信を持てるようになりますし笑顔が増えるんだと思います。

そうすることで、やっぱり内面からも若々しいオーラが出るようになるんだと思います。

嬉しい気持ちってやはり外見に出てきますので、ホワイトニングによるメリットはかなり大きいと思います。

メリット2 歯が白いだけで清潔感のある人に見られる

歯が汚いと、口が臭そう・・・歯ちゃんと磨いているのかな?

生活が乱れていそう・・・などマイナスなイメージを持ち人が多く、第一印象から判断されてしまうほど歯の綺麗さは重要です。

歯が白いと、それだけで第一印象を良くできるので嬉しいですよね!

メリット3 歯を清潔に保てるようになる

歯が白く綺麗になることにより、鏡をよくみるようになりますし少しの汚れでも気になるようになるので、歯の手入れには力が入るようになります。

歯の手入れを念入りに行うことで、歯は綺麗に保てますし何より口内環境がよくなり美容だけではなく健康にも繋がり良くなってきます。

結果的にホワイトニングをすると自分の歯を気に入り清潔に保とうとする様になるんです。

ぜひ、ホワイトニングを機に自分の歯を見直して見てくださいね!

普段のお手入れの時にステインが綺麗に落とす事ができるので、ホワイトニング歯磨き粉を使用するのもおすすめです。

こちらのサイトでおすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介していますので取り入れて見てくださいね!

>>>人気おすすめのホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニングのデメリット

  • 料金が高い
  • ホワイトニング後に歯がしみる
  • 着色汚れがつきやすくなる

デメリット1 料金が高い

まず、一番多くあげられているのがホワイトニングの料金が高いという事です。

ホワイトニングは、1回で完了するわけではなく、理想の歯の色にならない場合は何回か通うことになります。

白くなったとしても、メンテナンスのために定期的に通わないといけないのでさらにコストはかかってきます。

さらに自宅で続ける場合には、マウスピースの作成、薬剤の購入などかかってくることになります。

また、ネットなどで調べて人気なところでホワイトニングを始めたとすると、距離が近ければ良いですが交通費なども別途にかかってくるのでそれを見越して、歯科医院探しをしてみるのがおすすめです!

ホワイトニングにもいくつか種類があり、選ぶものにより料金も変わってきます。

こちらのサイトで各ホワイトニングの料金やホワイトニングにかかってくる費用の相場などまとめてありますので参考にしてみてください。

>>>ホワイトニングの料金の相場

デメリット2 ホワイトニング後に歯がしみる

歯科医で行うホワイトニングは、資格を持った歯科医師や歯科衛生士しか取り扱う事ができない歯を漂白する過酸化水素などの薬剤を使用するため、歯にかなりの刺激がかかります。

消毒用のオキシドールなどと同じ成分なのですが、オキシドールを傷口に塗ったときにしみるような痛みを感じたことはありませんか?

これは消毒薬に含まれる殺菌成分が痛みを引き起こしていると言われています。

ホワイトニングもこれと同じ原理で、歯に塗布した時に歯の表面にある細かい傷から薬剤が入り込みしみるような感覚を感じます。

人によってはしみる期間にも個人差があり、水分もしみてしまうなど様々ですが一番は、知覚過敏や虫歯を直しておく等歯を健康な状態にしてからホワイトニングをすることをおすすめします。

デメリット3 着色汚れがつきやすくなる

ホワイトニング後は歯科医でも説明があると思いますが、歯が非常に着色しやすい状態になっていて24時間以内は着色するものを飲食してはいけないなどかなり厳しく指導されます。

この期間内に着色しやすいものを食べてしまったりすると歯に色がついてしまいます。

毎日コーヒーなど着色しやすい食生活を行なっている人は注意が必要です。

また、ホワイトニングをして歯が白くなったことにより、以前は気にならなかった少しの着色も気になるようになるようです!

 

まとめ

いかがでしたか?

何事もそうですが、必ずメリットだけではなくデメリットも存在します。

それを踏まえた上で自分で判断して後悔のないようなホワイトニング方法を選んで見てくださいね!

お読みいただきありがとうございました。