ホワイトニングをするとどのくらい効果があるのだろうか?

ホワイトニングを始める前に誰しもが一番思うところでは無いでしょうか

この記事では、ホワイトニングがどのくらい効果があるのか、またホワイトニングについて詳しく説明しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

ホワイトニングの効果ってどのくらいあるの?

ホワイトニングには方法がいくつかあり

・オフィスホワイトニング

・ホームホワイトニング

・デュアルホワイトニング

・セルフホワイトニング

・ホワイトニング歯磨き粉

がありそれぞれの方法によって効果が変わってきます。

 

それぞれのホワイトニングのやり方や特徴はこちらのサイトで詳しく説明していますので参考にしてみてください

>>>ホワイトニングの種類や特徴を紹介!

 

ホワイトニングによる効果は、大きく分けて2種類あります。

  • 歯の表面の汚れを浮かして歯本来の白さに戻す
  • 歯の中から薬剤によって漂白して白くする

効果1、歯の表面の汚れを浮かして歯本来の白さに戻す

歯を表面の汚れを浮かして歯本来のナチュラルな白さを求めているのであれば、ホワイトニング歯磨き粉セルフホワイトニングがおすすめです!

ホワイトニング歯磨き粉には、汚れを削ったりする研磨剤や成分が配合されています。

その成分により、汚れを削り落としたり歯の表面の汚れを浮かし黄ばみを綺麗にしていってくれます。

ここで、注意して欲しいのは研磨剤の種類です

歯のエナメル質より硬い研磨剤が含まれていると歯まで削って傷つけてしまう恐れがあります。

そうなると、傷ついてしまった部分に汚れが付着しやすくなってしまい逆効果になってしまいます

そのため歯より柔らかいハイドロキシアパタイトなどの研磨剤を使用しているものか、研磨剤が不使用のホワイトニング歯磨き粉を選ぶ事をお勧めします。

研磨剤の入っていないホワイトニング歯磨き粉をお探しの方はこちらのサイトでおすすめを紹介していますので参考にしてみてください。

>>>研磨剤なしのおすすめホワイトニング歯磨き粉

セルフホワイトニングも、自分で行う方法の為、機械を使用することはできますが歯を漂白する薬剤を使用することはできません。

その為、ホワイトニング歯磨き粉同様で歯の汚れを落とす感じになり、健康的な歯の白さにすることができます。

効果2、歯の中から薬剤によって漂白して白くする

元々歯が黄色い人や芸能人のように歯を真っ白にしたい人は、こちらの歯医者で行う薬剤を使用することができるオフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトニングがおすすめです。

元々の歯の色や、なりたい歯の色によって通ったりする回数は個人差がありますが、確実に歯は白くなっていきます。

ホームホワイトニングは歯医者さんでジェルなどを処方してもらい自分の家で行う方法です。

その為、安全に行えるように歯医者で歯科医師が行うものより薬剤の濃度が薄く作られていることもあり効果を感じるようになるまで少し時間がかかります。

効果を早く出したい場合は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを掛け合わせたデュアルホワイトニングがおすすめです。

 

中には、ホワイトニングをできない人もいますので、事前にこちらのサイトで確認してみてください。

>>>ホワイトニングを控えた方がいい人とは?

効果の出ない歯もある?

入れ歯やブリッジ・インプラントなど作り物の歯は、ホワイトニングであっても漂白してすることができません。

その為、ホワイトニングを行うと自分の歯は白くなりますが、作り物の歯だけ染まらずに黄ばんで見えてしまうので、色を合わせて作り直してもらう必要が出てきます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ホワイトニングは、自分のなりたい歯のイメージによってナチュラルなのか、真っ白にしたいのかによって施術を変えることができますので自分の好みによってホワイトニング方法を選んでみてくださいね!

お読みいただきありがとうございました。