歯って笑った時によく見える場所ですし、歯が白いとなんだか鏡を見る度に気分が上がったりしますよね〜

しかしなぜ、普通の歯磨き粉ではなくホワイトニング歯磨き粉で歯を白くする事ができるのでしょうか?

この記事では、歯が黄ばんでしまう原因やホワイトニング歯磨き粉でなぜ歯を白くする事が可能なのか、その仕組みについて調べてみました!

ぜひ、参考にしてみてください。

白くなる理由と歯が黄ばんでしまう原因

歯が黄ばんでしまったり、汚れやすくなってしまったり歯が白く見えなくなってしまう原因は私たちの生活の中でかなり注意していない限り避けて通ることはできません。

どのような食材が歯の黄ばみや着色の原因になってしまうのかいくつかまとめてみました!

赤ワイン いちご マスタード
大豆 ブルーベリー ミートソース
ぶどう 烏龍茶 抹茶
チョコレート コーヒー コーラ
ココア 紅茶
スポーツドリンク
醤油 ほうじ茶 柑橘系
ほうれん草 トマト
カレー レモン ピザソース
ソース からし ソース系
ケチャップ わさび

などが挙げらあれます

この黄ばみを引き起こしてしまう成分はすべてポリフェノールの一種と言われています。

ポリフェノールは、美容や健康に役立つと言われている成分として有名ですが、歯の表面のエナメル質部分に存在するタンパク質と結びついてしまうことにより黄ばみを引き起こしてしまうんです!

そのほかにも、タバコが歯を汚くしてしまう原因としてよく言われていますよね?

これは、粘性がとても高いニコチンやタールが原因と言われています。

粘性が高いことにより、歯の表面にこびり付いてしまい茶色っぽく変化していってしまいます。

それだけではなく、唾液に含まれるカルシウムと結合しやすく、すぐに歯に付着してしまうわけではありませんが、適切な歯磨きをしないと、取り除くのは難しくなってきてしまいます。

しかし、ホワイトニング歯磨き粉にはそれらの原因となるステインの除去する成分が配合されているので歯を白くする事が出来るようになります。

ホワイトニング歯磨き粉に使用される成分

一般的に歯医者で行うホワイトニングは薬剤によって漂白する為歯科医師の特別な資格が必要ですが、ホワイトニング歯磨き粉に配合されている成分とはまた異なってきます。

 

ホワイトニングに使われる成分やホワイトニングについて詳しく知りたい方はこちらのサイトを参考にしてください!

>>>ホワイトニングについて

 

ホワイトニング歯磨き粉は、その成分によって歯に付着してしまった汚れを落とす事が可能になってきます。

ホワイトニング歯磨き粉に配合できる成分は、以下の成分が挙げられます!

  1. 分散ポリリン酸
  2. ヒドロキシアパタイト

成分1、分散ポリリン酸

分散ポリリン酸とは、様々な生物の体内に存在する分子の1つです。

ポリリン酸は、歯の表面についた汚れの除去する効果が期待する事ができます。

さらに、歯の表面に汚れが着いてしまうのを防ぐことも可能なんです。

リン酸が鎖状に結ばれその長さや濃度によっても効果が異なってくるようになります。

分散ポリリン酸は、歯科治療に使用される事が多い成分ですが、そのほかにも髪の毛やお肌の再生などでも使用されていて、様々なところで克安している成分なんです!

成分2、ヒドロキシアパタイト

この成分は、骨や歯を作る主な成分と言われています。

その中でも歯に使用する成分は、薬用ハイドロキシアパタイトと呼ばれる成分ですが、ヒドロキシアパタイトと薬用ヒドロキシアパタイトの成分は特にこれと言った違いはありません。

ポリリン酸は、歯の表面に着いた汚れを除去するのに対して、ヒドロキシアパタイトは、歯垢などの汚れを吸着したり、歯の表面にある目に見えないような傷を埋めて修復したりする効果が期待できます。

また初期の虫歯を修復する効果もあると言われています!

 

>>>効果を上げる正しい歯磨き方法!

まとめ

いかがでしたか?

ホワイトニング歯磨き粉は、普通の歯磨き粉では落とすことのできない歯の表面に着いてしまった汚れを落とすことによって白くなる事がわかりましたね!

歯を黄ばむ原因が多くある人は特に、そこまでと言う人でもホワイトニング歯磨き粉は定期的に使用してみると綺麗な歯になって行きますのでぜひ試してみてください。

お読みいただきありがとうございました。